介護付有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い

###Site Name###

介護付有料老人ホームは、特別養護老人ホームと同じく、高齢者の介護施設です。

特別養護老人ホームは公的な施設で、地方公共団体や社会福祉法人が運営しています。


入居対象者は65歳以上で、「要介護3」以上の人で、ホームによってさまざまな条件があります。

便利な介護付き有料老人ホームのココだけの話をしましょう。

比較的重度な人や、緊急性が高い人が優先されるため、入居待ちが非常に多いという特徴があります。

入居までに、早くて数ヶ月、遅くなると10年かかることもあります。



また、公的施設なので低料金で利用できる点も特徴の一つですが、民間の老人ホームほどのサービスは期待できません。
一方、介護付有料老人ホームは、主に民間の企業によって運営されています。
健康管理や食事、掃除、洗濯、入浴、排せつなどのサービスが提供される施設です。施設によっては、医療ケアが必要な人も入居でき、中には健常者が入居できるタイプもあります。

T-SITEについての情報をまとめたサイトです。

介護付有料老人ホームは、入居の際に入居一時金が必要で、無料の場合もありますが、数百万円から1億円以上と施設によってさまざまです。


月額利用料には、家賃、管理費、水道光熱費、食費が含まれ、介護保険料や医療費、おむつ代なども必要です。幅はありますが、12万~30万円を目安とするとよいでしょう。
介護付有料老人ホームは、老人福祉法で定める基準を満たしていることが必要で、特定施設入居者生活介護の指定を受けなければいけません。
介護度に合わせて、1割自己負担とsなる1日あたりの介護保険料が定額になります。